読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地味です!アラサー女子

アラサーです。彼氏いません、できません。そんな干物女が書いてます

【思ったこと】自分を責める、他人を責める

メンタル 思ったこと

f:id:kirihakirikiri:20170216103245j:plain

こんにちは、きりはです!
本のタイトルや書いた人の名前はすっかり忘れてしまったのですが、
その中のとある言葉が印象深く、時折思い出します
『自責と他責は五分五分くらいがちょうどいい』という言葉だ
 
要するに、
自分を一方的に責めすぎてしまうもよくないし、
周りのせいにしすぎるのもよくないという意味
自責と他責はバランス良くということだと思う
自責とは文字通り自分を責めること
他責って言葉は、あまりなじみがないかもしれないけれど、
自分以外の他人だったり、周りの環境だったりを責めることだ
 
ケースバイケースだが、私はどちらかというと、
人のせい、周りの環境のせい、運とか才能とかのせいにする
他責の傾向が強い気がする
  
私は障害求人で就職して、
勤めだして半年を過ぎた去年の7月半ばに行けなくなり、
医師の判断で休職し、去年12月退職した
 
職場でうまくいかなかったのは、
仕事教えてくれる先輩や
私にとってすごく傷つくことを言ってきた上司のせいにしていた
自分は純然たる被害者であると思っていたし、会社にうらみに近い感情を抱いていた
 
でも、今になって思うのだが、
自分の障害や、能力、苦手なこと、できないことをちゃんと伝える
努力ができていただろうか?
自分で何でもやらなきゃと思い、
困ったときにSOSをうまく出せなかったのが原因の一つじゃないかと
考えるようになった
 
精神障害者の雇用をはじめてした会社側に
障害への配慮や理解があまりなかったのも確かと思う
でも
こういう事は障害上、苦手ですとか、
こういう問題で困ってますという
伝える努力を、どうせ分かってくれないと思い込んで、
言う前から諦めていた
 
今回の就職は、結果としてうまくいかなかったけど、
自分の課題や問題点、改善点が見えてきた
この経験を糧に、次の仕事を見つけ、
できれば長く働きたいと思う
 
以上、きりはでした!
広告を非表示にする